Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは。
あなたは一日に何時間スマホやPCを触っていますか?

日本人は平均一日に7時間を費やしている
というデータがあります。

一日って24時間ですよね?
そのうち7時間をスマホやPCを触って
いるのです。
もちろんお仕事でPCを扱っているなら
仕方ありませんが

ITが進む日本は一体どのような現状なの
でしょうか。

現代人は情報依存の傾向あり

インターネットが普及し、情報が溢れ返って
います。

知るべき情報、知らなくていい情報など
常に情報を受け取っていると、自分自身で
物事を決める決断力や思考力が鈍り、
結論ばかりを求めてしまう傾向にあります。

日々の生活の中で
スマホやPCなどのIT機器やテレビなど
から距離をとってみましょう。

この時に社会から取り残されたような
気分や、さみしい気持ちになってしまったら
「情報依存」に陥っている可能性が高い
でしょう。

 

一度途切れた集中力は戻るのに○○分かかる

なにか作業をしており
ちょっと息抜きにスマホをいじるという経験ありませんか?
というかほとんどの方が経験あると思います。

中断したことを再開する時に
かかる集中力の回復時間は
なんと…25分もかかるのです!

つまり頻繁にSNSやメールのチェックを
するとその都度集中力が途切れてしまって
いるということです。

つまりスマホを合間に見ることを
やめると、仕事や家事などをもっと効率的
に進められるかもしれません。

 

IT機器から離れるとこんなメリットが

・メールやLINEの返信がないこと
イライラ、ソワソワしなくなる。

・離れることで、ほかの事に集中ができます。

・色んな情報に振り回されることなく
自分に余裕がうまれる!

 

情報依存にならないちょっとした工夫

・電車の中では本を読んでみる

電車に乗った時周囲を見渡すと
ほとんどの方がスマホをいじって
いる光景が飛び込んできます。

この光景が日常になりつつありますが
これはかなり異様な光景です。

こんな場面でこそ本を読んだり
何もせずにボーっと景色を眺めるのも
良いでしょう。

・休日は、スマホを持ち歩かない

休日くらいはスマホから離れて
みてはいかがですか?
まずは休日の半日からとか
無理のない程度にやることから
オススメします。

物理的に離れることで、
他のことに集中できたり、ゆっくりした気持ちになれます。

・毎日決まった時間に電源を切る

自分の中でスマホをみる時間を
決めてしまいましょう。
電源を落とせば、ラインやSNSの通知も
見れないので良い対策です。

・枕元でスマホを充電しない

眠るときには枕元ではなく
ベッドから遠く離れた位置で充電しましょう。

寝るときは電磁波から離れて
ぜひ寝てみましょう!

 

【まとめ】

いかがでしたか?
一日の中でもスマホやPCなどのIT機器
から離れて生活するのもすごく体にとって
良い影響を与えてくれますよ!

まずは寝る前は触らない!とか
時間を決めて触る、などの自分なりの
ルールを決めてやってみたらいかがでしょう
か。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア