Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは。
あなたはパンはお好きですか?

パン屋さんに行くと美味しそうなパンが
ずら~っと並んでいて
全部制覇してやろうか!と何故か急に大食い
の血が騒ぎます。(笑)

と言いつつ、いつも3つまでと決めて
買うように心がけています。

パン屋さんの色んな種類のパンもおいしい
ですが、普段はリーズナブルな食パンを
食べる方が多いのではないでしょうか?

あなたは食パンを食べる時
何をつけて食べますか?

マーガリンとバターの違い

バターとマーガリン
あなたはこの違いを説明できますか?

言い方が違うだけで、一緒じゃんって
思う方もいらっしゃるのではないで
しょうか。

実は私も数年前までは、
バターは少しお高め、マーガリンは
バターの質が少し落ちたものをマーガ
リンというものかな?

という訳のわからない解釈をして
マーガリンについて全く知識がありません
でした。

そもそも
バターとマーガリンは全く異なるもので
原材料も全く違うのです。

バター

80%以上が動物性脂肪(牛乳)から出来て
います。

マーガリン

80%以上が植物性脂肪(オリーブオイル等)
から出来ています。

原材料が動物性なのか、植物性なのかで
まず違っています。

バターの代わりのマーガリン

マーガリンはもともとバターの代用品として
生まれました。
バターは高価だったためバターのようなもの
として発明されたのです。

マーガリンは実は19世紀にナポレオンが
遠征するときに、バター不足に困っていまし
た。
その時に、バターの代用品を募集したところ
科学者がマーガリンを考案したのです。

その後、明治の中ごろに日本にマーガリンが
やってきましたが、それは日本に住む欧米人
向けでした。

日本人がマーガリンを使用するようになった
のは戦後、食文化の欧米化が進みパンをよく
食べるようになったからです。

昭和27年には「人造バター」として、
国産でも作られるようになりました。

しかし、名前がなんだか怖いですね。

味や風味は違うの?

バターとマーガリン味や風味はどうなの
でしょうか。

バターはコクと深みがあります。
そして料理にも多く使われるのが
バターです。

料理名にも○○のバター焼きという料理が
多いですよね。
またお菓子やパン作りにもバターを使う
ことが多いです。

マーガリンはあっさり、ソフトな感じです。

お菓子作りなどに使えば、軽くてあっさりと
したものを作れます。

実はマーガリンにはあるものが…

マーガリンには実はトランス脂肪酸が
含まれています。

このトランス脂肪酸とは脂質の構成成分で
ある脂肪酸の一種です。
これをたくさん摂り過ぎると、体内の悪玉
コレステロールを増やし、動脈硬化による
心臓疾患のリスクを高めることがわかって
きました。

トランス脂肪酸は他の食品にも入っています

例えばマヨネーズやドレッシング、
コーン系スナック菓子やクリームなどにも
入っています。

しかしマーガリンには
このトランス脂肪酸がたくさん入っていること
から近年注目が集まっています。

フライドポテトにも入っていますが
大手ファストフードでもトランス脂肪酸の
使用を中止しているようです。

諸外国では使用禁止・・・?

アメリカでは健康被害のリスクを考え
2018年6月以降、トランス脂肪酸の使用を
原則禁止にしました。

アメリカ以外の国でも様々な対応が
取られています。

韓国

食品の中に含まれるトランス脂肪酸の量を
表記することを義務付け

デンマーク

すべての加工食品に油脂100グラムあたりの
トランス脂肪酸が2グラムを超えてはならな

スイス

すべての加工食品に油脂100グラムあたりの
トランス脂肪酸が2グラムを超えてはならな

日本

表示義務も使用の基準値も設けていません。

どうして先進国である日本が
このような対応が遅れているのでしょうか。

厚生労働省のHPにこんな記載がありました

このような事が厚生労働省のHPに記載されて
いました。

平均的な日本人より多いトランス脂肪酸摂取
量を基にした諸外国の研究結果によると
トランス脂肪酸の過剰摂取により、心筋梗塞
など冠動脈疾患が増加する可能性が高いと
されています。

また、肥満やアレルギー性疾患につても関連
が認められていますが糖尿病、がん、胆石、
脳卒中、認知症などについての関連は分かっ
ていません。

こうした研究結果は、トランス脂肪酸の摂取
量が、平均的な日本人よりも相当程度多い
ケースの結果であり、平均的な日本人の
摂取量においては、これらの疾患リスクとの
関連は明らかではありません。

(引用:厚生労働省HPより)

日本人は外国人に比べて
トランス脂肪酸の摂取量が少ないから
上記の病気になるリスクは関係ない

という事でしょうか。

うーん・・・少し無責任な気がしますが。

そもそも日本人の食事も欧米化
してますし、人によっては一日3食
ジャンクフードなどを食べ、トランス脂肪
酸を過剰に摂取している人もいるかもしれ
ません。

日本人の食生活なら安心だ!という考えでは
安心できないような気がします。

もっと日本人の健康を考えた
法律を考えて欲しいものですね。

まとめ

いかがでしたか?

このようにマーガリンにはトランス脂肪酸が
たくさん入っているから絶対使うな!
という訳ではなく、自分の食生活をよく考え
た上で使ったほうが良さそうですね。

日本はまだまだ諸外国により
食に対する規制が緩いところがあるので
自分の健康は自分で守るという意識で
いたほうが良いと思います。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア