Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは!
あなたは食事をとるとき、誰かと一緒に
とっていますか?
それとも1人でとっていますか?

1人で食べる時、と誰かと食べる時
それぞれのよさをまとめてみました。

1人でゆっくりランチ

会社に勤めていれば日中上司や先輩
後輩に囲まれて、日々緊張している状態。

仕事のストレス、人間関係…

会社に勤めていると色々な事を考えたくなく
ても、考えてしまうものです。

そんな時にランチぐらい1人で食べたい!
という方が多いではないでしょうか。

私も皆で食事をするのも好きですが
1人での外食ランチも大好きです。

相手の食べたいものを考えることもなく
自分の好きなものを食べる!
そして黙々と口に運ぶ。

そうすると料理ひとつひとつをゆっくり
噛みしめることができるんです。

このお野菜あまり食べたことないけど
なんだろう…とか。
お肉の味付け何をつかっているんだろう…
とか盛り付けがきれいだなとか

ゆっくりした気持ちで食事ができます。

他にもこんなメリットがあります

・気を使わずにのんびり過ごせる

・値段を気にせず好きなものを食べれる

・食べたあとゆっくり昼寝ができる

・上司や同僚の悪口を聞かなくて済む

・食後は1人で本をゆっくり読める時間
できる

・会話のネタを考えなくてよい

・お弁当の中身を見られなくてよい

など色んなメリットがあるようです。

ランチはコミュニケーションの場

最近は社内コミュニケーションの一環に
ランチを部内で食べよう!という企業が
増えているようです。

夜仕事が終わって皆で一杯!

はアルコールが苦手な社員や、子育て中の
ママOLはなかなか夜出れない…

など飲み会にはせずに、お昼のランチタイム
を有効的に使っているようです。

なかには経営層と若手社員のランチ会など
も行っているようです。

普段話す機会がない若手社員にとっては
とても緊張する場だとは思いますが、
会社の方針などを聞くことで、会社に対する
理解も深まる機会にもなります。

ランチミーティングのメリット

・気軽に話ができてリラックスできる

・普段話しづらい相手とも会話しやすい

・他部署の人とも仲良くなった

ある会社では社内同士のランチ代は
全て会社負担にしています。

営業の人がエンジニアの人をランチに誘い
細かい機能などの要望を行い、それが改善
されるという話もあります。

食事にはリラックス効果があります

会議など堅苦しい感じの中話し合うの
ではなく、おいしいものを食べながら
話し合うというところが今後はもっと
増えていきそうな気がしますね!

ずぼらおひとり様女子の食事の実態

ある記事をネットで見つけました。

・野菜は野菜ジュース

・スナック菓子は食事代わり

・鍋から直食い

など衝撃的な内容でした。

確かに1人だと多少おなかが減っても
食べなくていっか。という気持ちに
なったり、一品でいいかとなりがちだが

これはいくらなんでも衝撃的!(笑)

さすがに人がいたら鍋から直食いなんか
できませんよね。

これはお一人様の醍醐味だと思います。

また休日は朝食・昼食はスナック菓子
夜はカップラーメンで済ませるという方も。

理由は面倒くさいからという理由でした。

1人でばかり食事をとるとこんな事に…

あるデータでは1人で食べる「孤食」
の機会が多い人ほど、不眠やうつ、
ストレス症状で悩んでいるという結果も
出ています。

上記の記事のように1人だとどうしても
面倒くさい。という気持ちになり
食事を抜いたり、おろそかにしてしまいがち
なのです。

誰かと一緒に食事をしようとすると
さすがにスナック菓子はだせませんよね?

「おいしい」とか「楽しい」を感じる
ことによって気持ちも満たされます。

食事にはお腹を満たすだけでなく、
心も満たしてくれるのです。

食事は大事なコミュニケーションの場でも
あります。

そして誰かと一緒に食べると
不思議とより食事がおいしく感じます。

1人ごはんが決して悪いとは言い難い
ですが、あまりにも1人で食事が取る
機会が多い人は、たまには誰かと食事を
楽しむことも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
1人で食事を楽しむことも必要ですが
たまには誰かと食卓を囲んで食べるのも
いいかもしれません。

食事は単なる食欲を満たすだけではなく
心も満たしてくれます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア