Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは!
いきなりですが、あなたは猫背ではありませ
んか?

猫背だねって周囲から指摘された事がない人
も実は猫背だったりするんですよね~

といかにも私は猫背ではない風に言っていま
すが、実は私も猫背です。(笑)

ガラス越しに映った自分の猫背っぷりに
びっくりした事もあります。(笑)

今日は猫背について少し書いていきたいと
思います。

猫背ってどういう状態なの?

「猫背」とは、その名のとおり猫のように
背中が丸く曲がって頭が前に突き出した姿勢
のことです。

背骨のS字が平常時よりも大きく
カーブしてしまっている状態のことをいいます。

日本人の9割が猫背?

悪い姿勢で長時間過ごしたり、パソコンや
スマホなどの見過ぎなどといった日ごろの
生活習慣によって日本人の猫背がどんどん
増えています。

以前は「猫背」といえばお年寄りなどが
なるような姿勢でしたが

ここ数年お年寄りだけでなく若い方や
小学生で猫背で悩んでいる
という方もいらっしゃいます。

小学生が猫背で悩む?肩こりがある?など
一昔前には考えられなかったことですが

子供達もスマホやテレビゲームの
やりすぎが原因のひとつとも思われます。

体を動かさずに、ゲームやスマホを
長時間行えば、猫背や肩こりに悩む
小学生が増えるのも納得できます。

日本人の9割が猫背に悩んでいるとも
言われており猫背は日本人の
生活習慣病とも言われています。

あなたの猫背危険度診断チェック

下のチェックの数の合計によってあなたの
猫背危険度がわかります。
さあ、あなたはいくつ当てはまりますか?

~癖、習慣~

・座ったときによく足を組む

・座ったときに両足をそろえて
横に流すことがよくある

・立ったときに片足に銃身をかけている

・よく腕をくむ

・クッションや高い枕で頭を起こし
足元にあるテレビを見ることがある

・うつぶせになり上半身だけを起こした
状態で、本を読んだりテレビを見たりする

・ソファに座ることが多い

・お姉さん座りをよくする

・ヒールの高い靴をよく履く

・バックをいつも決まったほうの腕ばかり
で持ったり、肩にかけたりする

・高さが10センチ以上ある枕で寝ている

・ものを書く際、紙を斜めに置いたほうが
書きやすい

・よくお尻のポケットに物を入れる

~体の不調~

・慢性的な肩こりがある

・腰痛持ちである

・頭を締め付けられるような
頭痛を感じることがある。

・階段の上り下りで動悸や息切れがする

・疲れやすい

・自律神経失調症と診断されたことがある

・下っ腹がぽっこりと出ている

・生理痛がひどい

・肌荒れしやすい

・胸やけや胃もたれしやすい

・物事を悪いほうに考えたり、落ち込んだり
しやすい

・鏡で自分の体を見ると、左右対処で
ない部分がある

~日常生活~

・平日はパソコンを長時間使う

・料理、掃除、洗濯などの家事を日常的に
行っている

・乳幼児の子育て中である

・メールやインターネット、ゲームなどのため
に携帯やスマホを頻繁に使う

・本をよく読む

下のチェックの数の合計によってあなたの
猫背危険度がわかります。

さあ、あなたはいくつ当てはまりましたか?

0個…
あなたは猫背ではありません。
しかし油断は禁物ですので、日常生活には
猫背になる原因がたくさんありますので
これからも予防をきちんと行いましょう。

1から10個…
あなたは、猫背予備軍です。
ストレッチを実践して、日々の生活のなかで
姿勢を良くすることを心がけていけばもっと
体調も良くなるはずです。

11個~20個…
あなたは残念ながら猫背です。
このままでは体の不調の改善は難しいでしょう。
今日から姿勢や生活を見直しましょう。

21~30個…
あなたの猫背は危険領域です。
このままでは心身ともに不調をおこして
しますでしょう。

日常生活や姿勢改善を行い、項目を
少しでも減らす努力をしましょう。

あなたはいくつ該当しましたか?
0個でした!という人はほとんど
いなかったのではないでしょうか。

癖や習慣、日常生活においても
猫背になる要素がたくさんありますね。

日々の姿勢や生活習慣は様々な病気に
繋がる可能性があります。

ちょっとの気遣いや心がけで症状が改善する
場合があるのです。

姿勢を見直して健康なライフスタイルを
楽しみましょう。

まとめ

あなたの猫背危険度はどうでしたか?
意外と自分で気付けていない『猫背』

ああよく考えれば当てはまるかも!と思う方
も多いのではないでしょうか。

姿勢は日頃の生活習慣がおおいに関係して
います。

充分に気をつけたいものですね。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア