Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

あなたはどういう香りが好きですか?

食べ物の香り、化粧品やシャンプーなどの
日用品の香り、植物や自然の香りなど
数えきれないくらいの香りに囲まれて
私たちは生活していますよね。

そんな香りがもつ力をご紹介したいと思い
ます。

香りと感情はつながっている?

自分の好きな香りをかぐと物凄くリラックス
した気持ちになりませんか?

それは香りは感情との結びつきがすごく
強いからです。

普通は嗅覚以外の五感は、思考や言語を司る
大脳の新皮質を経由しますが、花から入った
嗅覚の情報だけは、感情や欲求を司る
大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)に直接
届きます。

ここは免疫や自律神経、ホルモンなどを
調整する役割があります。

香りをかぐことで、自律神経の乱れを
整えてくれるのです。

アロマテラピーって知ってる?

ここ近年よく聞く
アロマテラピーはご存知でしょうか。

アロマテラピーとは、香り療法ともいい
植物から抽出した香りの成分のオイルを
使って心身を回復し健康や美容に役立ててい
くという自然療法です。

最近では、美容や健康以外にも
スポーツ、医療や介護の現場でも活用されて
います。

アロマの使用方法

・コップやお皿に精油を数滴いれる

一番簡単な方法がこのやり方です。
カップや深めのお皿に精油を1~5滴入れる
だけで香りが部屋中広がります。

・ハンカチやティッシュペーパーなどに
精油を1~2滴しみこませる

これもとても簡単です。
外出するときにハンカチを持って出かけたり
車の中にハンカチを置いておくと香りを
常に楽しむことができます。

・アロマ器具を使用する

アロマポットやアロマライト、アロマブリー
ズなどのアロマ器具を使用する。
部屋中に香りを広げたい時はアロマ器具を
使用すると便利です。

代表的なアロマテラピーの精油と効能

・ラベンダーの香り

ストレス、不眠、緊張緩和などに効果が
あります。
リラックス効果が高く、抗菌・殺菌効果も
あります。

・ローズマリー

集中力を高める効果があります。
またスキンケアにも適しており、美肌効果
が高いです。

・グレープフルーツ

元気がないときにリフレッシュしたいとき
などに使われます。
また不安や心配なども解きほぐし、
幸福感を与えてくれます。
またむくみ改善、脂肪燃焼効果もあります。

・オレンジ・スイート

落ち込んだり、沈んだ気分を元に戻したい
時に使います。
胃腸を活発にさせ、また冷え性にも効果が
あります。

・レモン

集中力や記憶力をアップさせたい時に
使います。また抗菌作用もあるので
冬場に部屋に使うと、風邪やインフルエンザ
の予防にもなります。

アロマを使うときの注意点

・精油は原液のまま肌につけない。
必ず薄めて使用する。

・精油は直射日光があたらないように
冷暗所に保管する。

・使用期限を必ず守る

・敏感肌の人、妊娠中や授乳中、持病がある
人は注意して使用する。
もしくは主治医に相談する。

・柑橘系の精油を肌につけて日光にあたると
炎症やシミの原因になったりするので
気を付けること。

自分に合った香りを選ぼう

アロマテラピーは植物の種類によって効果が
異なります。

例えばラベンダーは安眠効果があります。
しかしラベンダーの香りが苦手なら意味が
ありません。

効果を高めるには、自分の好きな香りを
嗅ぐのが一番良いです。

まとめ

いかがでしたか?
好きな香りを見つけておくことで
色んな効果を期待することができます。

一度自分の好きな香りを探してみては
いかがでしょうか。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア