Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは(^^)

あなたは髪の毛について悩んだり
していませんか?

年齢とともに気になってくるのが
髪の毛ですよね!

若い頃は全然気にならなかったのに
30代、40代となってくると白髪や
抜け毛、乾燥などなど様々な悩みが
出てきます。

見た目年齢に差がつくのが
肌、姿勢、そして髪の毛ですよね。

いつまでも若々しい髪の毛でいるために
どうしたらいいんでしょうか。

今日は美髪になる秘訣について
お話したいと思います。

美髪を作り出す方法!美髪のケアの方法をお教えいたします!

髪に悩む女性達…

あなたの髪のお悩みは何ですか?

・髪の毛のぱさつき、乾燥

・髪の痛み

・くせ毛、うねり

・抜け毛

・白髪

・髪の毛にハリ、コシがない

・ボリュームがない

・頭皮や髪が臭う

だいたいこんな感じの悩みが
多いのではないでしょうか。

あるアンケートでは女性の約90%が
髪の毛について悩みがあるとのことです。

あなたの悩みもこの中に
入っていませんか?

美髪を作り出す方法!美髪のケアの方法をお教えいたします!

どういう対策をとっているの?

髪に悩みがあるという女性は
いったいどういう対策をとって
いるのでしょうか。

・髪を乾かしてから寝ている

・シャンプーにこだわっている

・ブラッシングをしている

・トリートメント、ヘアパックに
こだわっている

・頭皮マッサージをしている

などの回答がありました。

髪を乾かしてから寝ているというのは
当たり前のような気もしますが、、

その他の回答ではシャンプーや
トリートメントに気をつけている
ということでした。

しかし、女性の皆さん!!

このことを忘れていませんか?

美髪は食事で作ることができるのですよ!

美髪を作り出す方法!美髪のケアの方法をお教えいたします!

髪の毛の成分は一体何?

髪の毛の成分の8割~9割は
ケラチンというたんぱく質から
出来ています。

内側から健康的な髪の毛を作るためには
バランスの取れた栄養が必要
なってくるのです。

その代表的な栄養素がこの3つです。

・たんぱく質

タンパク質が不足してしまうと
髪の毛は細くなり、薄毛や抜け毛に
つながるだけでなく、白髪も増えて
しまう可能性があります。

・亜鉛

亜鉛は成長ホルモンを促し育毛にも
関わる大事なミネラルです。

この亜鉛がないとたんぱく質合成が
できないのです。

・脂質

脂質は髪の毛のキューティクルの質を
高めてくれる大事な栄養素です。

トリートメントの目的は
キューティクルに脂質を補給して
ダメージを補修することです。

つまり根本の髪質をよくするためには
動物性脂質をしっかり摂取することが
大事なのです。

美髪を作り出す方法!美髪のケアの方法をお教えいたします!

髪にいい食べ物たち

たんぱく質を多く含む食べ物

・肉類

・卵

・大豆、大豆製品

亜鉛を多く含む食べ物

・牡蠣

・レバー

・アーモンド

脂質を多く含む食べ物

・チーズ

・アボガド

美髪を作り出す方法!美髪のケアの方法をお教えいたします!

ヘアサイクルのしくみ

髪の毛髪の毛といいますが
髪の毛は頭皮の表面から出ている
「毛幹」、頭皮の中にある「毛根」
でできています。

髪の毛の成長はこの「毛根」
司っているのです。

髪には一定の寿命があり
成長した後に自然に抜けて再び
抜け落ちたところから新しい髪が
生えてきます。

このくり返しをヘアサイクルと
呼びます。

へサイクルには一定の周期があり
多くの期間は毛母細胞が分裂して
新しい髪がのびる「成長期」に
あたります。

やがて髪の成長がとまる「退行期」に
なり、「休止期」になると2~3ヶ月で
新たにつくられた毛によって
押し出されるように抜け落ちます。

健康な髪のヘアサイクルは
平均4~6年と言われています。

美髪を作り出す方法!美髪のケアの方法をお教えいたします!

まとめ

いかがでしたか?
髪の毛に悩んでいる人は
シャンプーやトリートメントに
気を使うよりも、食事で改善することが
大いに可能です。

あなたの食生活は
髪の毛にとっていい食生活ですか?

一度見直してみるのも
いいかもしれませんね。

それではまたお会いしましょう(^^)ノ

最後までご覧いただきありがとうございます。
読んだよ!のしるしに下の画像クリックしていた
だけると嬉しいです。よろしくお願いします♪

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本ブログ村
健康ブログ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア