Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは^^

突然ですが、あなたはカラオケは
お好きですか?

カラオケは1970年代頃から流行
しだしました。

カラオケ店へ行く人、スナックで
飲んだついでに歌う人。

結婚式の2次会で歌う人。

色んなシーンでカラオケは
使われていますね。

しかしカラオケ店に行くのは
若者が集う場所や飲み会の2次会
で利用されるイメージがありますが

最近は昼間にカラオケ店に
行くと、ぞろぞろと高齢者の方が
いらっしゃる事があります。

近年はこのように
昼間に高齢者の人が
数人集まりカラオケを楽しんでいる
風景が各地で見られています。

実はカラオケって
体に良いって知っていましたか?

カラオケでストレス発散

カラオケをするとスッキリした
気分になりませんか?

カラオケはストレス発散にも
なります。

これはきちんとした科学的根拠が
あるのです。

ストレスホルモンの「コルチゾール」

これは腎臓の上の副腎の周りにある
「副腎皮質」から分泌されるホルモン
です。

これはストレスを受けたときに
この分泌が増えます。

これはストレスから体を守って
くれるために出るホルモンですが

ストレスが強いと長時間分泌されて
いろいろな弊害が起こってしまう
ホルモンです。

実はカラオケの後はこの
「コルチゾール」が減っている事が
実験の結果分かったのです。

カラオケで認知症改善!?

カラオケでは以前から認知症の
予防や改善として注目されて
います。

血行促進

カラオケをすると脳や全身の血行が
促進され、脳の神経細胞も活性化
されます。

これは大きな声を出したり
歌の抑揚をつけるために自然と
呼吸に関わる筋肉や関節が動くため

自然と血流が良くなります。

血流がよくなれば細胞に栄養や酸素
が行き届くため、新陳代謝が促進
されます

新陳代謝が良くなると成長ホルモンの
分泌が良くなり、成長ホルモンは
若返るホルモンとも言われ、廊下を
防いでくれるのです。

また演歌などこぶしを効かせ
れば、腹筋も鍛えることが出来ます。

口の筋肉をつかう

カラオケで歌うことで口を大きく
動かします。

唇や舌など口周りの筋肉を鍛える
ことで食べ物を喉に送り込む力が
強くなり、誤嚥防止につながります。

またたくさん動かすことで
唾液の分泌が多くなります。

口腔内の洗浄、抗菌、保護などの
役割があります。

お年寄りになると自然と唾液の
分泌量が減ってしまいます。

脳へ与える刺激が大きい

カラオケは脳を刺激します。
音程やリズムを合わせることにより
知らず知らずのうちに脳をかなり
使っています。

次はあの曲を歌おう!と思えば
歌詞を覚える必要もありますし、
あの人はあの曲が好き!なんだと
自然と覚え、記憶力を高めます。

また人の歌を聞いて感動したり
泣いたり、笑ったりなど
感情表現も自然と豊かになります。

自律神経を安定させる

歌うだけで免疫力が上がります。
なぜなら呼吸と自律神経は密接な
関係があるからです。

自律神経の安定には
交感神経と副交感神経の
バランスが大事です。

腹式発声は深い呼吸ですが
深い呼吸は交感神経を刺激します。

そして吸ったあとには
声を出しながら息を長く吐き出し
ますよね。

これは副交感神経が働きます。

歌うと自然と腹式呼吸になり
自律神経を安定させてくれます。

歌うことが苦手な人でもいい

会社や何かの仲間でカラオケに
行くと、マイクを渡されても頑なに
歌わない人がいますよね。

「私は音痴だから・・・」

「皆の歌を聞いている方がいい・・」

「人前で歌うのが恥ずかしい・・」

色んな人がいると思いますが
無理して歌わなくても大丈夫です。

こういった場にいると
誰かが盛り上げてくれたり
楽しい曲が流れるだけでも
ついつい笑顔になりますよね。

曲を聞いていると
懐かしい曲だなあ~とか
この曲好きだなあ~とか色々な
感情がわいてきます。

自然と気分が明るくなり
自然と幸せホルモンが出てくる
のですよ。

だから無理して歌わなくても
いいのです。

まとめ

いかがでしたか?
カラオケがいかに体に良い
影響を与えてくれることが
分かりましたね!

高齢者にもどんどんカラオケが
広まってくれるといいですね。

あなたの
おじいちゃん、おばあちゃんも
一緒にカラオケ誘ってみては
いかがでしょうか?

一緒に楽しめて、体に良いこと
づくしのカラオケです。

それではまたお会いしましょう!