Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは^^

あなたはこういう飲み物を
見かけたこと、または飲んだことが
ありませんか?

「カロリーゼロ」「ノンシュガー」
「カフェインレス」

「ゼロ」「ノン」「レス」などの
言葉が入った飲料水。

近年、このような飲み物が
溢れていますね。

今日はこの飲み物について
検証してきたいと思います!




カロリーゼロの言葉に騙されるな!人工甘味料が沢山で危険

カロリーゼロはカロリーゼロではない

あなたはカロリーゼロの飲み物を
買うとき本当にカロリーゼロだと
思って買っていますか?

実はそれ大きな間違いなんです。

カロリーゼロと表示させていいのは
100ミリリットルあたり5キロカロリー
以下の商品に使えることになっています。

なので500ミリリットルのペットボトル
を買った場合、最大で24キロカロリーも
カロリーを摂取してしまう可能性が
高いのです。

ゼロカロリーという言葉に
騙されてはいけません。

カロリーゼロと表示されていても
全く入っていないゼロとは限らないのです。

カロリーゼロの言葉に騙されるな!人工甘味料が沢山で危険

カロリーゼロなのに甘いのは何故?

カロリーゼロをうたい文句にしている
飲料水や食品は「人工甘味料」が
含まれています。

この甘味料は、砂糖の代わりに使用される
合成食品添加物です。

これは非常に甘みが強く
少しでもとても甘みを強く感じます。

砂糖の何百倍の甘みを持つものもあり
製造コストがとても低いため

人工甘味料はあらゆる食品に
使われています。

この添加物は基本的にカロリーは
含みませんし、血糖値を挙げることも
ありません。

カロリーゼロの言葉に騙されるな!人工甘味料が沢山で危険

人工甘味料は中毒性が高い

人工甘味料は実はとても怖い
副作用」があります。

人工甘味料を摂ることで
空腹感が増したり、甘み中毒になることで

常飲、常食することによって
太りやすく
食べ過ぎて返って太ってしまった

という事例が報告されています。

普通の糖分を摂取すると体内でエネルギーに
変換されますが
人工甘味料はエネルギーに変換されません。

そのため食欲が増進するとも
いわれています。

カロリーゼロの言葉に騙されるな!人工甘味料が沢山で危険

人工甘味料で腸内環境がおかしくなる

人工甘味料を多く摂りすぎる
ことによって、消化や代謝に関わる腸内細菌の
バランスが崩れてホルモン代謝にも
影響を与える可能性があります。

また血糖値が下がりにくくなり
肥満や生活習慣病のリスクを高める
可能性があるという研究結果が発表されて
います。

カロリーゼロの言葉に騙されるな!人工甘味料が沢山で危険

人工甘味料より天然甘味料を・・・

 




人工甘味料は、字の通り人工的に合成して
作った甘味料のことをいいます。

逆に天然甘味料は、植物や果実などに
含まれる甘み成分を抽出して精製したもの
です。

天然甘味料の代表的な種類

・キシリトール

水に溶けやすく、加熱などの通常の食品加工
の条件下でも使用がしやすい。

虫歯になりにくい、歯を丈夫にする機能
をもつため特定保健用食品に使われて
いる。

・ステビア

砂糖に近い甘みをもちます。
キク科ステビアの葉を粉砕または抽出した
ものです。

さらに精製したものが
ステビオサイドまたはレバウディオサイド
となります。

・マルチトール

麦芽を還元してつくられる
糖アルコールの一種。砂糖に近い甘さで
低エネルギー甘味料として菓子や飲料に
使われる。

色んな食材に甘味料が使われていますが
できるだけ天然甘味料が使われた
ものを選んだほうがいいでしょう。

カロリーゼロの言葉に騙されるな!人工甘味料が沢山で危険

まとめ

いかがでしたか?
カロリーゼロ、ノンシュガーなどの
表示を見て、これなら大丈夫だと思って
飲んでいませんでしたか?

カロリーは少なくとも人工甘味料が
多量に使われていれば、太りやすい体に
なってしまう恐れがあります。

こういった表示を信じこんでしまっては
だめですね。

ではまたお会いしましょう(^^)ノ

最後までご覧いただきありがとうございます。
読んだよ!のしるしに下の画像クリックしていた
だけると嬉しいです。よろしくお願いします♪

日本ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本ブログ村
健康ブログ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア