Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは^^
あなたは毎日体温を測っていますか?

基礎体温をつけることによって
色んなメリットがあるんですよ。

女性は毎朝体温を測ったほうがいい訳

妊娠しやすい期間や生理の開始日がわかる

自分の体温を知っておくと
女性ホルモンが正常に分泌されているかが
把握てきて、妊娠しやすい時期や生理の
開始日がわかります。

女性の体温には「高温期」「低温期」
あります。

高温期は排卵日から生理までを言い
低温期は生理開始日から次の排卵日まで
を言います。

高温期と低温期との体温の差は
0.3度~0.5度差があります。

妊娠しやすいタイミングは
高温期と低温期の間の排卵日の前後
が一番妊娠しやすい時期です。

生理がはじまるタイミングは
高温期が終わって、低温期にかわる時です。

こうやって基礎体温をきちんとつけて
自分の体温を把握しておくことで、
妊娠しやすい時期や生理開始日がわかります。

ダイエットに最適な時期とは

生理開始から次の排卵までの低温期には
女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えて
代謝がアップします。

この時期にダイエットすると
ダイエットの効果が高いのです!

逆に排卵日から生理までの高温期は
女性ホルモンのプロゲステロンが分泌され
妊娠に備えて水分や脂肪をためこもうとして
身体がむくみやすく、体重も増えやすい時期
です。

この時期にダイエットをしても
代謝が悪いので、効果が現れにくいです

基礎体温の測り方


①朝、目が覚めたらそのままの状態で
体温を測る。
測る時間はなるべく一定の時刻に
測るようにしましょう。

夜寝るときに体温計を枕元に
おいておきましょう。

②体温計を口に入れて測ります。
このときも動かずに静かに測ります。
体温計は舌の下にある中央筋の根元部分に
当てるようにします。

この時筋の先端ではなく、左右どちらかの
くみに当てると安定します。

毎日計る場所は同じにしましょう。

③体温を確認して、手帳などに記録を
残す。

体温は基礎体温計を使おう

基礎体温を測る時には一般的な体温計は
使わず基礎体温計を使うようにしましょう。

普通の体温計は0.1単位で表示されますが
基礎体温系は0.01単位まで表示されるよ
うになっています。

基礎体温の変化は0.3度~0.5度なので
基礎体温計の方が細かな変化がわかります

何故口で測らないといけないの?

普通体温を測るというと「脇」で測り
ますが、基礎体温は口の中で測定します。

脇の下は汗をかいたり、外気の影響など
によって体温が変化しやすいので、
基礎体温を測るには適していません。

より正確な基礎体温を知るためには
口の中で測定するのが一番です。

まとめ

いかがでしたか?
基礎体温をつけることによって
体のリズムを知れるようになります。

慣れるまでは大変ですが
慣れると当たり前の習慣になるので
そんなに面倒ではなくなると思います。

女性の体はとてもデリケートです。

基礎体温をつけて、自分の体と上手に
付き合っていきましょう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア