Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは。
あなたは毎日お風呂に入って体を
ボディソープや石鹸で体を洗いますか?

なんという質問だ!と思う方もいらっしゃる
と思いますが、実はここ近年入浴について
少し考え方が変わってきているのです。

芸能人もやっている!タモリ式入浴法

タモリ式入浴法というのを聞いたこと
ありますか?

石鹸やボディソープを使わずに38度の
お湯につかるだけの入浴法です。

これはテレビでタモリさんが発言して
一時話題となりましたよね?

確かにタモリさんは70歳を超えていますが
お肌がとてもツヤツヤです。

タモリさん以外にもモデルのローラさん
福山雅治さん、妻夫木聡さんもやって
いるそうです。

確かにみなさんお肌がとても綺麗ですね!

湯船につかるだけで充分?新しい入浴法

お風呂に入って体を洗うときは何を
使いますか?

石鹸?ボディソープ?

こららの洗浄剤を使わずに
実はお湯に浸かるだけで
汚れの8割は落とすことができます

汗や皮脂はわざわざ石鹸やボディソープ
を使う必要はないのです。

ボディソープや石鹸のいい香りは
しませんが、お湯で充分なのです。

入浴は少なくとも10分程度湯船に
浸かります。角質を柔らかくして、汚れ
とともに浮かせてくれます。

とても簡単ですよね?
これならズボラな人にとても向いて
いるかも。

ゴシゴシ洗うのは実は肌に良くない?

肌の表面には、体に良い働きをしてくれる
善玉菌がいます。この菌は酸性膜を作り
肌を守ってくれています。

しかしボディソープや石鹸でゴシゴシ洗う
ことによって、この善玉菌も流れ落ちて
しまうのです。

この善玉菌というのは別名「美肌菌」とも
呼ばれています。

毎日この善玉菌を流してしまい、肌を洗い
すぎていること、こすりすぎている事に
よって、必要な皮脂やうるおい成分を
落としてしまっているので、肌が敏感に
なり、乾燥を引き起こしてしまいます。

「肌がかゆい」「乾燥する」というお悩み
を持った方は、実は洗いすぎが原因かも
しれません。

フランスでは常識?あまり洗わない?

ヨーロッパでは古代から毎日お風呂に入った
り体を洗ったりする習慣があまりなかった
そうです。

現代になってもフランス人は週に一度しか
入浴しない人もいるようです。

その入浴もバスタブに浸かるのではなく
シャワーを浴びるだけです。

その理由のひとつに
「体の皮脂や汚れを洗い流すと健康が損な
われる」という考えがあります。

また、フランスは日本と違って、乾燥した
地域にあり、肌がベタベタすることも
少ないのです。

そして驚きなのが、メイク落としの
ほとんどが「ふき取りタイプ」です。

とても綺麗な人が多いフランス人。
綺麗の秘密はお風呂に入りすぎていないとい
うところにあるのかも知れませんね。

実は医師もこの方法を薦めている!

医師の中にもボディソープなどの洗浄剤を
使いすぎるのはよくないと言っている
医師も最近は実は多いのです。

・洗いすぎによる皮膚トラブルが多い

・高齢者やアトピー性皮膚炎の人には
あまり使わないように指導している

・肌トラブルのあるときこそ洗浄剤は不要。
加えてワセリンによる保湿が良い

という声がいくつもあがっています。

臭いが気になるときは泡立てて使おう!

ボディソープや石鹸を使うのを止めよう
と思っても、脂汗や臭いの気になるときは
どうしても使いたいですよね?

耳の後ろや首、わきの下やデリケートゾー
ンなどはとくに気になる部分ですし、
清潔にしておきたいですよね。

そんな時は
ボディソープをよく泡立てて
泡でやさしく洗うようにしましょう。


泡立てネットなどでたくさん泡立てて
優しく手で洗う方法をオススメします。

まとめ

いかがでしたか?
今まではボディソープや石鹸でゴシゴシと
洗わないと、汚れが落ちない!落ちた気が
しない!という方がほとんどだと思います。

逆にボディソープや石鹸を使うことによっ
て、肌にある必要な善玉菌までも流して
しまい、肌を守る力が弱くなってしまって
いたのですね。

乾燥や肌トラブルがあるかたは
ぜひこの入浴法を一度試してはいかがで
しょうか。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア