Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは^^

あなたが飲食店で食事をした後
支払いをしようとしたとき
なんといって店員さんに声をかけますか?

「お会計お願いします」
「おあいそお願いします」
「お勘定お願いします」

色んな言い方がありますが、
どれがい良い言い方なんでしょうか。

不思議に思ったので調べてみました。

どれが一番いい言い方

飲食店に行って観察していると
「お会計お願いします」
「おあいそお願いします」
「お勘定お願いします」
「チェックお願いします」
「計算お願いします」

色んな言葉が飛び交っています。

どれも間違いではないのですが
一般的な言い方は

「お会計お願いします」または
「お勘定お願いします」というのが
一般的だそうです。

しかしバーや少しお高いレストランなどでは
「チェック」という言葉を聞きますよね?

お店によって使い分けしなければいけない
の?と思いますが、特に決まりでは
ないようです。

よくわからない場合は
「お会計お願いします」を使うのが
良いでしょう。

おあいそはお会計という意味ではない!?

お寿司屋さんのお会計時によく聞くのが
「おあいそお願いします」という言葉。

この意味は
「お愛想がなくて申し訳ないです」という
意味だそうです。

これはお店側がお客さんに対して
「何の愛想もなくてすみません」という
意味なので、本来お客さんが使う言葉ではない
ことが分かります。

しかし、時がたつにつれこの言葉が
あおいそ=お会計の意味する言葉に変わって
いったと言われており、多くのお客さんが
おあいそという言葉を使うようになったの
ですね。

この言葉を使っている人は
とても多いと思いますが
この意味を知っている人は少数派でしょうね。

またきちんと言葉の意味を知っている人
からしたら、「正しい言葉使いではない」
と思う人もいるでしょう。

指でバッテンをする人

たまにこういう人見かけませんか?
「すみません」と店員さんを呼んでおいて
指でバッテンをしてジェスチャーで
伝える人。

これも賛否両論ですね。

店員さんに対して失礼と思う人も
いらっしゃいますが、中には接待のときは
必ずジェスチャーをして、相手に会計を
あえて知らせないようにするという意味で
ジェスチャーをするという人もいます。

まあ相手に分からせないうちに
会計を済ませるのであれば、お手洗いに
たった時に会計を済ませるのも一つの手
ですね。

まとめ

いかがでしたか?
おあいそという言葉はきちんとした
意味があるので、支払いの際は
できるだけ使わない方がいいかも
知れませんね。

「お会計お願いします」は
どんなお店でも共通して使われている
ので、迷ったらこの言葉を言って
スマートにお会計を済ませてください。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア