Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

皆さん、こんにちは!

いきなりですが、あなたは甘いものはお好きですか?

今日は普段なにげなく口にしている「砂糖」についてお話したいと思います

白砂糖はどうやって作られるの?

 

白砂糖の作り方はサトウキビを搾って煮詰めたり不純物を取り除いたりして「白下糖」を作ります。サトウキビにはもともとビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

それを固形物と液体に分離して「粗糖」を作ります。
この「粗糖」を温水に溶かしたり不純物(ビタミンやミネラルなどの栄養素)を取り除き、糖質の純度を上げて精白・精製していきます。

白砂糖の精製度の高いものは糖質が99.8%にも達して、サトウキビに含まれていた他の栄養素を可能な限り排除しているので栄養がほとんどないカロリーだけの食品です。

精製過程では様々な科学物質を使われており
その化学物質とは

苛性ソーダ(強アルカリ性)、次いで硫酸(強酸性)が使われます。

これらは本来食品等には使用するべきものではない劇薬を使っているのです。このように白砂糖は人工的に作られた食品添加物の固まりなのです。

 

砂糖は免疫力を下げる?

女性が甘いものが好きな人が多いと言われていますけど、最近はスイーツを好んで食べる「スイーツ男子」が増えているといいますね!

しかし砂糖をたくさん含む甘いものは、免疫機能を下げてしまいます。

砂糖を100グラム摂取すると、白血球の効力が40%程度落ちてしまうという研究結果があります。

白血球は体の中に入ってきた最近やウイルスなどを排除してくれる役割があります。その時白血球の中にあるビタミンCが必要になるのですが、砂糖を摂取するとビタミンCが減ってしまいます。

その後白血球の中にビタミンCが戻ってくるのは、砂糖を摂取したあと数時間たってからです。

ということは砂糖を摂取すれば摂取しただけ、ビタミンCが一時白血球の仕事ができなくなります。

このように白砂糖を含む全ての砂糖は、体にとって大事な免疫機能を下げてしまいます。毎日欠かさず甘いものは食べるという方はまずは回数を減らしたり、少しずつ砂糖を減らすようにしたようが良いでしょう。

 

砂糖を過剰に摂取すると、○○やすくなる?

砂糖は、血中に取り込まれるのがものすごく早いです。なので血糖値が急激に上昇します。

そのため大量にインスリンが分泌され結果低血糖を引き起こしやすくなります。低血糖が続くと今度は血糖値をあげようとして、アドレナリンが放出されます。

アドレナリンというのは交感神経が優位になったときに分泌されるホルモンです。アドレナリンは通常このような時にでます。

・恐怖や不安を感じた時

・緊張や興奮状態の時

・空腹時

・運動をしている時

・怒っている時

・悲しんでいる時

このアドレナリンが出すぎると思考力が低下してしまいます。

思考力が低下してしますと複雑なことを考えることが難しくなり、論理的に考えるより感情的になってしまう人がいます。

合わせて集中力も低下するのでちょっとしたことですぐにキレてしまう人がいるということに繋がるのです。

もちろんその人がもっている性格などもありますが毎日多量の砂糖を摂取している人で、すぐにイライラしてしまったり複雑な物事を考えられなくなったり、すぐに感情的になってしまうのであれば、食生活を見直す必要があります。

 

肌荒れや老化の原因に・・・

女性にとって、肌荒れ、老化等の言葉は聞きたくない言葉ですね。

先ほども書きましたが
女性は特に甘いものが好きな生き物です。

スーパー、コンビニに行けば
ケーキ、チョコ、クッキー、プリンなど
美味しい誘惑がたくさんあります。

また24時間開いているコンビニやスーパーがあり、いつでも甘いものを買いにいけて食べれる状況にあります。

おいしいスイーツはやめられない方も
多いですよね。

しかし美味しいスイーツには糖分がたくさん入っておりその糖分は体内で分解・吸収される際にビタミンB群を消費してしまうのです

また体内で余った糖分はたんぱく質と
結びついて「糖化」という現象を起こします。

この「糖化」よって「AEGs」(終末糖化産物)という物質ができ、肌のくすみの原因にもなります。

また糖化はコラーゲンにも影響し、糖はコラーゲンを分解するので、肌の弾力も失われていきますし、皮膚も硬くごわごわした肌になります。

そして血行が悪くなり、冷え症になったり免疫力が低下するので、肌にいる悪玉菌が増えてにきびの原因にもなります。

酸化より糖化の方が深刻で、老化のスピードも
早いです。

肌が荒れた、シミが出てきた・・

というときどうしても基礎化粧品に目を向けがちになりますが

砂糖を断ち、体の中から改善し
老化のスピードゆっくりにする事が若返り対策ではないかと思います。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア