Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは!

生理用品ってとても品数多くありません?
ドラッグストアへ行くと生理用品がずら~っ
と並んでいますね。

一体どのメーカーのどの種類がいいのか
なんて分からないですよね。

とても便利な生理用ナプキンですが、、
色々と秘密があるみたいですよ(^^)

生理用紙ナプキンの正体

生理用ナプキンの原料って言えますか?

いやいや、紙でしょ!と言いたくなるところ
ですが、実は紙ではないんですね。

・高分子吸収ポリマー

・漂白した不織布

・デオドランド剤

・香料

もはやこれを紙ナプキンというほうが
おかしいですね。

生理用紙ナプキンは石油系素材で作られているのです。

石油製品で作られた生理用紙ナプキン・・・


生理用紙ナプキンには有害化学物質が含まれて
いるのです。

原料をもう一度確認してください。

・漂白した不織布
これは人工的に真っ白に漂白されているのです。

日本では製品を清潔に保つため、法的に漂白が
義務つけられており、一般の紙ナプキンには
塩素系漂白剤が使用されています。

・高分子吸収ポリマー
これは皮膚障害を引き起こす有害化学物質

化学物質で作られた、生理用紙ナプキンですが
絶対安全だ!という安全性は未だ現在
確立されていません。

布ナプキンに替えると何がいいの?

ムレやかぶれがなくなり快適になる

通気性の良い布ナプキンにすることによって
改善が期待できます。

生理痛や冷えを防ぐ

経血を吸収した高分子吸収体ポリマーは
体をとても冷やします。

冷えを生理痛を悪化し、子宮の病気や不妊症の
原因にもなります。

女性にとって子宮は赤ちゃんを育てる大事な
臓器なので、普段から温めておく事が大事です。

お財布に優しい

毎回洗って使うので、都度買わずにすみます。
そして買いにいく手間も省けます。

布ナプキンの寿命は約5年とも言われており
かなり経済的です。

布ナプキンのデメリット

布ナプキンが良い面ばかりあるわけでは
ありません。

デメリットもご紹介いたします。

・洗濯が大変

・漏れることもある
(これは紙ナプキンでも一緒)

・すぐに洗えない

・どこにでも売ってないので、ネットで買うしかない

・長期の旅行や災害時には不便

布ナプキンに変えた人の口コミ

■思ったよりお手入れも苦ではなく、生理
のときの不快感も軽減された!
もう紙ナプキンは戻れない!

■最初は半信半疑だったけど想像以上に
良いです。
かぶれがなくなったのには大変びっくりです。
吸収力も特に問題なく、とても気に入っています!

■柔らかなつけ心地でカサカサしないし、
ムレもにおいもほとんど気になりません!
何よりも仕事に集中できました。

私自身も数年前に布ナプキンに出会い、
紙ナプキンから布ナプキンに変えました。

私も最初はすぐに捨てれないし、臭いそうと
思っていました。

なので最初は自宅のみやってみようと思い
ネットで購入。

最初つけた感じが、「ああっ気持ち良い
だったんです。

とても優しくフィットする感じで。
お肌にとっていい事している感があります。

あの生理用紙ナプキンのごわつき、ムレなどが
感じられないのです。ここまで心地良い
とは正直びっくりしました。

布ナプキンはとても地球に優しい

日本国内で1年間に捨てられる紙ナプキンの
数はどのくらいだと思いますか?

なんとその数80億枚を越すとも言われてい
ます。

じゃあ一生に1人当たりが出す
生理用紙ナプキンのごみの量は?

生理が続く約5日間、生理用紙ナプキンを5枚使い
それを40年で計算してみましょう。

その数12,000枚

使い捨てで便利とは言え、ものすごい数を
私達はゴミとして捨てているのです。

それに比べて布ナプキンはどうでしょうか。

毎回毎回洗って使うのでゴミはもちろん出ません。

ゴミを出さないように考えたことって
ありますか?

まとめ

いかがでしたか?
当たり前のように使っている生理用ナプキンは
体を冷やす化学物質が使われていたのです。

布ナプキンは洗ったり面倒ではありますが
子宮を冷やさないためにも、布ナプキンを
使うことはとても体に良いようです。

布ナプキンビギナーさんはまずは
お休みの日だけしてみるのも良いかもしれませんね。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア