Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは。
皆さんに質問です。
あなたが最近泣いたのはいつですか?

覚えていますか?
今日は泣くことについて少しお話ししたいと
思います。

人間はどうして泣くのだろう


泣かない赤ちゃんっていませんよね?
赤ちゃんはお腹が減った、眠たい、
おしっこがでた、おっぱい飲みたい、
暑い、寒いなどを全て泣いて
お母さんに教えます。

そして少し成長し子供になると
また色んな感情を持つようになります。

怒られて悲しいから泣く。
怪我をして痛くて泣く。
けんかして悔しく泣く。
何か欲しくて買って貰えないと泣く。

子供の時の泣くというのは
喜怒哀楽の怒、哀で泣くということが
多い気がします。

小さいこ子が嬉しくて泣いている
というのはあまり見かけないですね。

もっと年を年を重ねるとどうでしょう。

もっともっと感情が豊かになり、
喜怒哀楽の感情に涙が出るように
なります。

とくに喜びや感動などでも涙するように
なりますね。

よく年を取ると涙もろくなる。
と言いますが、これは人の気持ちを理解
できるようになった時初めて泣けるよう
になるのです。

しかし大人になると同時に
涙を流す機会が減ったと思いませんか?

泣いたらだめ。泣くなんて恥ずかしい。
ぐっと涙をこらえる人が多いのではないでし
ょうか。

実は泣くことは脳に良い?

実は涙を流すことってものすごく
脳がりラックスするのです。

そして泣くことでストレスや緊張が
解けます。

泣くことは自律神経の乱れも整えてくれる
のです。

ストレスがたまると交感神経が優位に
なってしまいます。
しかし泣くことによって乱れた自律神経が
整うのです。

涙を流すことで、脳内から「セロトニン」
という物質が分泌します。
このセロトニンというのは心のバランスを
保ってくれる重要な役割があります。

セロトニンが不足すると、心のバランスが
崩れて精神的に不安定になったりします。

特に、睡眠ホルモンにも関係しているので
セロトニンが不足すると、睡眠の質が悪くな
ったりします。

涙活(るいかつ)って知っていますか

近年涙活(るいかつ)という言葉が
話題になっています。

あるところでは毎月定期的に「涙活」
とイベントがいうものが開かれており、
毎回20人近く集まっているそうです。

参加者は感動的なストーリーの動画を見て
泣き、その後は各々が抱える悩みを打ちあ
けるという会合です。

悩みの内容は人それぞれで
仕事の人間関係で悩んでいる人
離婚して精神的にまいっている人、
家庭問題、嫁姑問題など。

抱えている問題はいろいろです。

泣きたいけど、泣けない。
泣ける場所がないという大人の方が
集まるようですね。

実践!思いっきり泣いてみよう

そこでおすすめしたいのが
1か月に1回、思いっきり泣くということ
です!

時間は10分~15分程度で大丈夫です。

そしてそのあとぼーっとしてください。
泣いてすっきりした後、ものすごく
ゆっくりした気持ちになれます。

場所はどこでも構いません。
自分が落ち着ける場所でやりましょう。

・お風呂場

・ベットの中

・車の中

ぐっと我慢することが多い現代社会。
知らず知らずのうちに涙をこらえていま
せんか?

泣いていいんです。
思いっきり泣いてみましょう!

おすすめ感動ドラマBEST3

皆さんにおすすめしたいのが
「感動」して泣くということです。

自分のお気に入りの感動する映画やドラマ
や本はありませんか?

私がおすすめする
感動するテレビドラマBEST3を紹介します。

1位 1リットルの涙

沢尻エリカさん主演のテレビドラマで
「骨髄小脳変性症」という進行性の難病に
立ち向かう女子高校生のお話しです。

病気と闘いながらも明るく、毅然にふるまう
彼女に涙した人も多いでしょう。

2位 世界の中心で、愛をさけぶ

山田孝之さん、綾瀬はるかさん主演の
テレビドラマです。

山田さん演じる男子高校生朔太郎、
綾瀬さん演じる女子高校生の亜紀の二人の
淡い恋模様と、亜紀の病気に立ち向かっていく
二人の純愛ストーリーが心打たれます。

3位 コウノドリ

綾野剛さん主演のテレビドラマで
綾野さん演じる産科医の鴻鳥サクラが主人公
です。

妊婦とその家族を中心に出産や切迫流産など
様々な場面で命の尊さを考えさせられます。
女性だけでなく、男性にも見てほしいテレビ
ドラマです。

まとめ

いかがでしたか?

泣くことってこんなに体に良いことだったん
ですね。
月に一度泣く時間を作ってみてください。
あなたにとってものすごく有意義な時間に
なると思いますよ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア