Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは!
今日は美味しいもの食べましたか?
私の今日の昼食はパン屋さんでパンランチを
してきました~!

職場の近所にあるパン屋さんなんですが
サンドイッチかハンバーガーかピザのメイン
をどれか選びます。
あとはサラダ、スープ、小さなケーキや
フルーツがついてなんと驚きの540円!!

やっすうーーーーーい。

私の今日のランチのメインは
ハンバーガーでした。
サラダ、スープ、フルーツ、小さなケーキ。

どの順番で食べたと思いますか?

今日は食事の食べ方について
お話したいと思います。

あなたは普段食べる順番など
気にしたことありますか?

食べ方ひとつで、食べすぎを防ぐことが
できるのです。

ダイエットしている方は要チェックですよ

食べる順番をあなたは意識していますか

よくこんな質問されませんでしたか?

好きな食べ物は最初に食べる?
それとも最後に食べる?

私は前者の最初に食べる!といつも答えて
いました。

理由は簡単です。

お腹がすいている時に一番美味しい!と
思える状態で食べたいから。

単純です。

あと小さいときに3人兄弟の末っ子として
育ったので、兄姉達に食べられる前に
さっさと食べておこう!といやしさが
大人になってもその時の名残がきっと残って
いるのでしょう。笑

美味しいものから食べる!
この考えを私は変えました。

野菜から食べるベジファースト

ベジファーストってご存知ですか?
「ベジタブル・ファースト」の略で、食事の
時、まず野菜から食べるという事です。

この定食を食べるときあなたはどれから
食べますか?

まずお味噌汁を一口飲んでメインの鮭に
手をつけます。

その後ごはんを口に入れて次は肉じゃがを
食べてごはんを食べて…みたいな。

もしかしたらこの食べ方に賛同される方も
いらっしゃるのでは、、

ありがとうございます。笑

昔の私ならこういう食べ方をしていました。

しかしちまたでは、食物繊維の多い野菜から
食べる「ベジファースト」という食べ方が
いいと話題なんです。

人気モデルやタレントさんも多く実践
しています。

食べる順番は野菜→おかず→主食

べジファーストではこのような食べ方を
推奨しています。

何故なら血糖値に関わってくるからです。

空腹時に糖質を含む主食(白米、パンなど)
を先に食べてしまうと、血糖値が急激に上昇
してしまいます。

血糖値が上昇すると、これを下げるために
体の中で「インスリン」という物質が分泌さ
れます。

この物質は余った糖分を脂肪細胞に変える
働きがあるため、太る原因となってしまう
のです。

なので、まずは主食のごはんやパンからでは
なく、野菜や煮物などの野菜から食べること
をオススメなんです。

野菜の食物繊維が糖質をゆっくりと
吸収してくれるので、血糖値が急激に上がる
のを防ぎます。

野菜の次に食べるのは糖質を含まないもの
であれば、好きなものを食べていいです。

野菜の中でも糖質が多いものを注意

野菜なら最初に食べて全部オッケー!と
言いたいところですが、注意して頂きたい
食べ物があるのです。

それは「イモ類」です。

サツマイモ、じゃがいも、長芋などのイモ類
は糖質を多く含むので、主食と同じく最後に
食べるのが好ましいです。

余った主食(ごはんは)どうやって食べるの

野菜→おかず→主食(ごはん)で食べると、
最後に白いごはんだけが残ってしまいます。

でも主食だからといってたくさん食べる
必要はないのです。

この場合は最初からごはんの量を減らして
おくこともオススメです。

しかし、当たり前の食事に慣れている人で
この食べ方をストレスに感じる人もいるで
しょう。

その場合は最初に野菜だけを食べて
あとはおかずと主食を一緒に食べるだけでも
血糖値の上昇を抑える効果は十分にあります。

まずは野菜を!それだけ意識して
食べるだけでも全然違うのでやってみてくださ
いね。

まとめ

食べ方の順番を変えるだけで十分なダイエット
効果があります。

食べるものを制限したり、食べる量を減らす
ことは難しいですがこれなら無理なく続け
られそうですよね。

野菜→おかず+主食 の野菜だけ先に食べる
だけでも効果はありますので、まずは手始め
にやってみるのもいいですね。

それでは、またお会いしましょう!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア