Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア

こんにちは。

あなたは体調日記をつけていますか?
日記といっても文章を書くのではなく、
どういう症状があったか、食欲はどうだった
など簡単に日記です。

毎日書くことで色んなメリットが
ありますよ!

体の変化に気付きやすくなる

体調の変化というものは突然やってくるもの
ではありません。

気付かないうちにじわじわと体が変化してい
き、いつのまにか発症しているというケース
が多いのです。

・口内炎ができる

・目の充血がある

・微熱がある

・肌荒れ

・なんとなく体がだるい

など普段生活していれば、こういう症状は
よくあるものです。

しかし細かい変化も日記につけておくことで
症状が重くなるのを防ぐことができます。

例えば

・睡眠をたっぷりとる

・栄養バランスの良い食事をとる

など体をいわたることができます。

体は必ず何かしらのメッセージを出します。
そうしたメッセージを上手にキャッチして
体を休めるなどして早急な対策をとること
ができますよ。

薬やサプリメントの飲みあわせを把握

サプリメントをたくさん服用していると
何を飲んでいるのか分からない人が意外と
多いのです。

そんな時に体調日記に服用しているサプリメ
ントを記入しておくことをオススメします!

病院へかかってお薬を処方された時は
必ず服用しているサプリメントを医師や薬剤
師に相談しましょう。

医者から出された薬とサプリメントが
相性が合わない場合があります。

思いもよらない危険な作用があるかも
しれないので、体調日記に忘れないように
記入し、把握しておきましょう。

医師に正しく病状を伝えれる

何か気になる症状があって
あなたが病院へ行くとします。

医者は症状を聞いたあとに
「その症状はいつからですか?」と必ず
質問します。

その時に体調日記をつけているとスムーズ
に正確な変化を伝えることができます。

曖昧に1~2週間前だと思う。
という回答はあまりよくありません。

またこういう症状があって…と一生懸命
説明すると思いますが、人間はすぐ忘れてし
まう生き物です。

そんな時にも体調日記をつけていると
スムーズに伝えることができます。

診察が終わったあとに
「こういう症状があったけど言うの忘れた!」
など言い忘れがないようにしたいものです。

医者に診てもらえば大丈夫というスタンス
でいたらダメですよ。

自分の体は自分が一番わかってるの
ですから。

女性はホルモンバランスで体調の変化がある

特に女性は、ホルモンバランスの関係で
気分の浮き沈み、心のトラブルなどがありま
す。

記録を続けることで心と体の履歴が残り
なにかしらの不調の原因を見つけることが
できるかもしれません。

日記には何を書いたらいい?

冒頭でもお話した通り、日記のような一日の
出来事などは書かなくていいです。

日記を毎日書いている人であれば
体調日記も合わせて書くとよいでしょう。

しかし、日記を普段つけない人にとっては
毎日書くことって結構ハードルが高いですよ
ね?

なので必要最低限、メモ程度に書きとめて
おくという感じで書いてみたらどうですか?

これだけは書いておきたい体の情報

・体温

基礎体温をつけていればそれを
記入します。

体調

例えば100点満点で書くなど、数値で体調を
表すのもいいでしょう。
他にも体調の中に気になることがあれば
自由に書いてよいとします。

生理の有無

生理が始まったら生理の有無を
記入します。

服用した薬

毎日服用している薬があれば、忘れずに
記入します。
薬以外にもサプリメントを服用していれば
それも記入します。

排便の有無

排便も毎日なければ日記に記入します。
気付かないうちに○日も排便していなかった
という事にならないためにも必要です。

睡眠の状態

よく眠れた、熟睡できなかったなど
睡眠の状態も記入します。

まとめ

いかがでしたか?体調日記をつけることで
自分の体をよく知り、小さな変化に敏感に
なります。

自分の体を治すのは自分自身です。
体の変化を速やかにキャッチし、記録に残す
ことが健康への第一歩だと思いますよ!

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア